たいせつな着物だから・・・

そう安くはないキモノ。きちんと管理していますか?

注意

何かの機会に着物着ることがあったりして、もしも汚してしまうようなことがあれば、そのときには注意することがいくつかあります。着物を着ていてよく汚れてしまうのは、泥はねや食事の汁などが飛んでしまうような場合です。着物は裾が長いので、雨上がりなどに外を歩いていると泥はねしてしまうことが多いです。また、食事についても気をつけていても、いつのまにか汁が飛んでしまっていることが多いのです。そのようなときにしてしまいがちなのが、強くこすってしまうということです。ですが、これは実は逆効果なのです。強く擦ってしまうことで、着物の繊維の中に入り込んでしまったりするのです。そうすれば汚れは取れないようになってしまいます。

ですので、強くこすったりしない、ということが大事なのです。では、このような場合にはどうすることがいいのかと言うと、ハンカチやティッシュなどを使って、そっと上からおさえるといいです。このとき本当に注意しなくてはいけないのは、力を入れないようにするということです。強くこすってしまえば繊維の中に入り込んでしまうので、優しくおさえるようにしなくてはいけないのです。また、ぬるま湯を使う、という方法もあります。汚れがついてしまったその場で、ぬるま湯を使って汚れを拭き取るのです。このときにも強くこすってはいけません。

ですので、ぬるま湯でハンカチなどを濡らし、それで優しく拭き取るようにするといいです。また、着物のお手入れなどを行った時にシミを見つけてしまったときには、とりあえず水で洗ってみることをおすすめします。水で洗ってみると落ちる汚れなどもあるので、水で落ちるようであれば、わざわざ洗剤などを使う必要はありません。ですので、シミを見つけた際には、一番最初に水で洗ってみるといいです。ですが、その水で洗っても落ちないような場合には、洗剤を使います。このとき使用する洗剤は、中性洗剤です。中性洗剤を水に溶かし、少しだけ薄めて使うようにします。このときもまた、強くこすらないようにします。摘むようにしながら中性洗剤につけるようにします。

これで大体の汚れについては落とすことが出来るのです。この方法でも落ちないという時には、油性のシミということになってきます。ですので、アルコールを使ってシミ抜きを行う必要があります。脱脂綿にたっぷりのアルコールを出し、それをシミの部分に押し当てるようにするといいです。これでシミを落とすことができます。

Menu

たいせつな着物だから・・・
着物を着たら
正しいたたみ方
定期的な虫干し
こんなときは
注意
夏祭り・花火大会に参加、浴衣はその後着物買取に
着物買取やなで肩と背筋を伸ばす姿について
サイトマップ

reccomend

後染めの着物
後染めの着物
後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。

先染めの着物
先染めの着物
先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。

芭蕉布
芭蕉布
芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。