たいせつな着物だから・・・

そう安くはないキモノ。きちんと管理していますか?

定期的な虫干し

着物は絹や木綿で作られているので、着ていなくても定期時に着物のお手入れをする事が必要です。理想的には年に3回ほどの虫干しをする事が理想的ですが、定期的な虫干しが出来ない場合は、年に一度だけでも虫干しをすると良いでしょう。虫干しを行う主な目的は、タンスの中に置かれている着物の状態を確認して、シミや害虫などがいた場合は取り除き、着物を風に晒す事です。点検をする事で、カビや縫糸が弱くなるのを防ぐ事が出来ます。ほつれなどがある場合は、その場で自分で直すか、裁縫が出来ない場合は、呉服屋さん等で直して貰うと良いでしょう。

頻繁に虫干しを行う事で、着物が傷んで来たら酷くなる前に気付く事が出来るので、着物を点検するだけでも効果的だと言われています。虫干しを行うには、良い時期があります。それは、7月から8月の下旬、10月から11月下旬、1月から2月下旬です。それぞれ天気が良く空気が乾いている日に行います。その時期に行われると言う事には、きちんとした意味があります。7月から8月の下旬に虫干しが行われる理由は、梅雨で着物が含んでしまった湿気を払う為に行われます。10月から11月の虫干しが行われる理由は、衣替えの為です。夏の着物から、冬の着物に入れ替える際に、全ての着物を虫干しすれば手間も省けるので、効率も良い時期だと言えます。1月から2月に行われる虫干しは、一年で一番寒く乾燥する時期に行う事で、湿気を完全に飛ばす為に行われていました。虫干しの手順について説明して行きます。

どの季節であってもする事は変わりません。まず、虫干しをするのは、晴天が2日以上続いた後の朝10時から午後3時の日差しが強い時間帯を選んでください。直射日光は着物を傷めますので、日光の当たらない風通しの良い所で行います。着物を一枚ずつ取り出して、ハンガー等に裏返して干していきます。着物を干す時に、ほつれ、シミ、虫食いなどがないかチェックしてください。着物を全て干し終えたら、着物を包んでいたたとう紙も交換するか、良く干してください。着物だけではなく、たとう紙も湿気を含んでいます。たとう紙が黄ばむのは、着物の湿気を吸っている為です。そのままにしておくと、着物に黄ばみが移ってしまう事があるので、小まめに取り換えるようにしましょう。タンスの引き出しも同じように湿気を含んでいますので、虫干しをしている間には、タンスの引き出しも開けておくようにすると良いでしょう。

Menu

たいせつな着物だから・・・
着物を着たら
正しいたたみ方
定期的な虫干し
こんなときは
注意
夏祭り・花火大会に参加、浴衣はその後着物買取に
着物買取やなで肩と背筋を伸ばす姿について
サイトマップ

reccomend

後染めの着物
後染めの着物
後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。

先染めの着物
先染めの着物
先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。

芭蕉布
芭蕉布
芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。