たいせつな着物だから・・・

そう安くはないキモノ。きちんと管理していますか?

正しいたたみ方

着物を少しでも長持ちさせるためには汚れないように注意したり、クリーニングに出すと言ったことはもちろんですが、正しいたたみ方でたたむというのも非常に重要なポイントです。種類によって畳み方は異なりますが、基本的には本畳みという方法が出来れば問題ありませんのでこの本畳みの方法をしっかり覚えておく必要があります。・正しいたたみ方の手順まずは専用のシートや綺麗な風呂敷などを敷いて、床の汚れが着物につかないように配慮します。もちろんたたむ前には陰干しして湿気をきちんととり、汚れなどが付着していないかをチェックするのが大前提です。

袖や襟をピンと伸ばした状態で広げたら、着物から見て左側部分を折ります。脇縫いされている部分の線に沿って折ると襟の中盤から折ることになり、片方だけ広げたような形になります。右側も同じように広げたら襟の端部分と、広がっているすその端部分をそれぞれずれないように重ねます。重ねたら袖の上の辺が重なるように着物を縦に2つに折ります。着物が丁度半分に折られたように形になれば成功です。ちょうど胴体部分とそで部分だけが出ておりエル字型になっていると思うので、エル字の短い部分にあたるそでを、エル字の長い部分にあたる胴体部分に収まるようにたたみます。

この時注意しなければいけないのは袖は片方だけを折り畳むのであって、片方の袖はまだ残った状態にしておくということです。袖を折ったら胴体部分を真ん中から降りちょうど半分の長さにします。うまく畳めたらひっくり返してまだ折っていない袖を既にたたんだ袖と同じように折り畳みます。これが本畳みの方法で、着物にとっても負担が少なく折れじわなどもつきにくい方法なので、着物を持っている人なら必ず習得しておいた方が良いと言えます。・畳み終わった後の手順畳み終わったらそのまましまうのではなく、購入してきた時についてきた薄い紙と暑い紙のセットに包んでからしまいます。

この紙のことは畳紙と書いてたとうしと読みます・もしもしまうスペースが足りない時きちんと畳んでもある程度の大きさになるため、しまうためのスペースを確保するのが難しいことがあるかもしれません。そんな時は本畳みで畳んだ着物のそで部分を境界線として半分に折ると更に小さく畳むことが出来ます。本畳みに比べて折る回数が多いので少ししわが目立ちますが、大きさを確保したいときにはうってつけの方法です。着物は着付け、着ている時はもちろんですが脱ぎ終わって畳みしまうまできちんと手入れしなければいけないものですから、手を抜かずに正しい方法を身につけておくことが大切です。

Menu

たいせつな着物だから・・・
着物を着たら
正しいたたみ方
定期的な虫干し
こんなときは
注意
夏祭り・花火大会に参加、浴衣はその後着物買取に
着物買取やなで肩と背筋を伸ばす姿について
サイトマップ

reccomend

後染めの着物
後染めの着物
後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。

先染めの着物
先染めの着物
先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。

芭蕉布
芭蕉布
芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。